墓じまいのメリットとデメリットを教えて!

お墓を撤去して遺骨を移転する


「墓じまい」をご存知でしょうか。現代は少子化の時代である上に核家族の家庭が増え、昔のように先祖代々引き継がれてきたお墓を守る人がいない、継承者がいないという人が多くなってきました。また高齢化社会により、お墓が遠くてお参りに行けないという人も増えてきています。墓じまいは、現在のお墓を撤去して、遺骨を他の場所に移転することをいいます。子どもや孫に墓のことで迷惑をかけたくない人や近くの墓地で気軽にお墓参りしたいという人にも注目されています。墓じまいの後の遺骨の行き先としては、合祀・合葬による永代供養、納骨堂や手元供養、散骨といった方法があります。永代供養は公営墓地やお寺などの場所で可能ですが、最初に費用がかかるだけで将来にわたり供養ができるため、半数以上の人が移動先に選んでいます。

メリットとデメリットは


墓じまいのメリットとしては、継承者がいなくなったとしても無縁墓にすることがないということです。また改葬することで、お墓参りしやすくできるということも挙げられます。墓じまいすることで、金銭的、精神的な負担を減らして先祖の供養を行えるところがメリットといえます。一方でデメリット面は、墓じまいに際して親族とのトラブルが起こりやすいといことです。墓じまいするためには、行政の手続きも必要となりますが、その前に親族としっかり話し合って墓じまいに納得してもらうことが大切です。また親族だけでなく、供養を行ってきた寺とも問題が発生することがあり、墓じまいを行うためにはトラブルを起こさないようきちんと手順を踏んで進めていくようにしましょう。