結局どの方法を選んだらいいの??

墓じまいをする時に最初にする事


墓じまいとは後継者がおらず管理する人がいなくなった時に墓を撤去する事です。墓じまいをするには最初に墓の中を把握しないといけません。誰の遺骨が中にあって大きさや経過年数や保存状態を知っておくべきです。骨壺に誰の遺骨か書いてあるケースの方が多いですが、骨壺に名前が書いていない場合はすぐに誰の遺骨かわかるように名前を書いておくと良いです。
墓じまいをした後の行き先も決めておかないといけませんが、墓を管理する人がいなくなるという事は費用を出す人もいなくなるので維持費がかからない行き先を決めないといけません。墓じまいをする時に親族に相談せずに進めてしまうとトラブルの原因になるので、墓じまいをする前に相談しておくべきです。

寺や霊園への報告と業者の選定


墓じまいの準備ができたら寺や霊園に墓じまいをする事を報告します。墓じまいをする時は寺や霊園に離壇料を支払う場合は早めに用意をしておくと良いです。新しい墓を作るわけではないので、改葬手続き申請は必要ありません。本来は墓じまいする時は寺や霊園に報告してそのまま遺骨を引き取りますが、自治体にによっては改葬手続申請がないと許可してもらない事もあります。このような場合はしっかりと説明をして納得してもらうようにするべきです。
墓の撤去をする時は業者に依頼する事になりますが、業者によって費用に差はあるので複数の業者に見積もりを出してもらって比較すると良いです。もし土葬されていた遺骨があれば再火葬が必要なので、火葬の手配も必要です。