お墓をしまうってどういう意味??

墓じまいの意味や目的について


墓じまいとは簡単に言ってしまえば、墓石を撤去したり解体するという意味になります。
これは墓そのものが遠すぎたり墓参りをする人が高齢になってしまってなかなか墓参りに行けない場合に行われる手続きで、墓をしまうというのは改葬するということを意味しているのです。その目的としては自分たちが墓参りをしやすい場所に墓石やなかに埋葬されているものを移動したり、そのまま取り壊してしまうためだとされています。
ほかにも墓じまいの目的としては寺院の檀家を辞めるというものもあり、ほかの寺院の檀家に入る場合に利用されているケースも多いです。また同じ寺院の檀家であっても単純に場所を移動する場合でも、一度墓じまいをする必要があるケースもあります。

墓じまいは無縁仏を回避するための対策


墓じまいをする意味として最も重要だと言われているのが、無縁仏を回避するためだと言われています。
現代では人口が徐々に減少しているほか核家族化が進行しており、墓守をしている人たちも少なくなっています。その結果、誰も墓参りや墓守をしてくれずにそのまま無縁仏として放置されてしまっている墓が増え続けているのです。無縁仏として放置されている墓には様々な問題がありますし、勝手に撤去することができないため放置しておくしかないのが現状と言われています。
このような無縁仏を減らすための対策として実施されているのが、墓じまいです。一見すると罰当たりな行為のように思われがちですが、むしろ墓に眠っている人たちを安心して供養し続けるための大切な方法だと言えるのです。