詳しく知りたい!!墓じまいの方法とは!?

お墓を継ぐ人がいない場合、お墓はどうなるの?


少子化と核家族化にともなって、お墓を継ぐ人がいないため、今あるお墓を撤去する「墓じまい」をする人が増えています。墓じまいは、お墓に入っている遺骨を取り出して、お寺や霊園が管理してくれる永代供養墓などに遺骨を移すことを言います。誰もお墓の掃除をせず、お墓参りをしないでいると、無縁墓になって荒れ果ててしまうでしょう。もしも、先祖代々のお墓が雑草に覆われて、墓石の文字すら見えない状態になってしまったら、これほどご先祖様に申し訳ないことはないですね。
墓じまいをする際には、初めに、お墓の中に納められているご先祖様の遺骨の数や、骨壺の大きさ、経過年数の確認が必要です。また、自分が管理しているお墓であっても、先祖代々の遺骨が納められている場合は、親戚に墓じまいをする気持ちがあることを伝えておきましょう。お墓参りする場所がなくなったと後々トラブルにならないよう、事前の話し合いが大切です。

墓じまいの手続きについて


墓じまいをする際は、最初に遺骨を移転する場所を決めなければなりません。新しい墓地の管理者からは「受入証明書」を、墓じまいをする墓地のある市区町村役場から「改葬許可申請書」を、遺骨の数の分だけもらいます。ここまでの手続きが済んだら、僧侶に閉眼供養を行ってもらって遺骨を取り出し、新しいお墓に遺骨を移して完了です。元のお墓のあった場所は、墓石を撤去して、きれいに更地に戻してから、墓地の管理者に返還します。
お寺にお墓がある場合は、前もって墓じまいをすることを、僧侶に相談しておくことが重要です。僧侶からしてみれば、墓じまいすると、檀家が減ってしまうことになりますので、快く思われないかもしれません。高額な離檀家料を請求されてしまうケースもありますので、長い間お墓を守ってくれたお礼と、どうしても墓じまいしなければならない理由を誠意を持ってお話するようにしましょう。